ゲシュタルト・インスティテュートは、ゲシュタルトアプローチの実践、研究、
        セラピスト/ファシリテーター、トレーナー、コーチの養成、そして企業研修を行っています。

 
      当研究所は1987年(昭和62年)の設立以来、ゲシュタルト・セラピーによる個人/グループ・カウンセリング、セラピスト/
      ファシリテーター/コーチの養成、セラピストやトレーナーのためのスーパービジョン、企業組織の人財開発、予防に主眼を置いた
      メンタルヘルス向上のための研修など、多彩な活動を実践しています。

 トップページ  当研究所に
ついて
 ゲシュタルト
セラピーとは
カウンセリング  トレーニング スーパー
ビジョン 

リンク

お問合せ
お申込み
 
 沿  革    岡田法悦・プロフィール

当研究所では、1986年の故ポーラ・バトム博士との出会い以来、一貫してゲシュタルト・セラピーの日本における普及活動に取り組んでまいりました。1990年にはバトム博士と共にGNPR(環太平洋ゲシュタルトネットワーク・現GNJ)を設立し事務局をつとめ、また日本初のゲシュタルトセラピー・ビデオの製作を潟`ーム医療に提案し発売されました(「『今・ここ』での気づき」〜ゲシュタルトのアプローチ〜)。また2004年には当研究所代表・岡田法悦が著した「実践受容的な<Qシュタルト・セラピー」(左欄参照)が、日本人が書いた初のゲシュタルト・セラピーのための本格的なテキストとして、ナカニシヤ出版から刊行されました。さらに、「ゲシュタルト療法の理論と夢のワーク」(チーム医療)と題したDVDも出版しています。
現在、個人/グループカウンセリングおよび定期的なゲシュタルト・セラピスト養成ワークショップなどを開催しています。

 
代表取締役
岡田法悦
・1972年中央大学理工学部中退
・1987年ゲシュタルト・インスティテュート叶ン立
・日本ゲシュタルト療法学会副理事長(2011/1〜2016/3)
・GA(ゲシュタルト・アソシエイツ)顧問ファシリテーター
・(社)日本産業カウンセラー協会認定シニア産業カウンセラー  (第C1000010号)
・2級キャリア・コンサルティング技能士
 (国家資格・第08S1740883号)
・著書:「実践受容的な<Qシュタルト・セラピー」
    (ナカニシヤ出版)
・訳書:「LIVE NOW・今を生きる」
    (ポーラ・バトム著、チーム医療)
・ビデオ:「『今、ここでの気づき』ゲシュタルト・
     アプローチ」(共編、チーム医療)
・ビデオ:「ゲシュタルト療法の理論と夢のワーク」
    (チーム医療)
 今までに
ファシリテーターとして
関わった企業組織
警察庁、NTTグループ各社、富士電機グループ各社、富士ゼロックス梶A富士通梶ANECソフト梶A蟹NAX、JR東海、潟|ーラ化成、蟹NAX、潟Nレディセゾン、松竹梶A名古屋銀行、十六銀行、樺髏l、日産自動車梶A雇用能力開発機構、神奈川県立産業技術短大、ソニー学園湘北短大、京葉病院、
その他多数
  Photo Album
 当研究所長・岡田法悦は、日本ゲシュタルト療法学会海外担当としてAAGT(ゲシュタルト療法の国際学会)に参加し発表を行い、また海外の著名セラピストを日本に招聘し通訳を勤めるするなど交流を深めてきました。また、2015年7月には学会の学術大会の大会長を務めております。
   
 Erving Polster Ph.D
ポルスター博士は、パールズたちと共にクリーブランドゲシュタルト研究所を設立したメンバーで、ゲシュタルト界の生ける歴史≠ナす。接触境界の理論など、ゲシュタルト療法の発展に大きく寄与した方です。この時92歳でしたが、驚くほどお元気でした。(2010/6、アメリカ、フィラデルフィアで開催されたAAGT)
 Bud Feder Ph.D
グループワークの専門家で、「ゲシュタルト・グループセラピー」等の著者。40年以上、ニューヨークゲシュタルト研究所および世界各国でゲシュタルトを教えています。(2008/7、イギリス、マンチェスターで開催されたAAGT)
   
Morgan Goodlander と Ansel Woldt Ph.D
モーガン・グッドランダーはサンフランシスコ・ゲシュタルト研究所長。世界中でゲシュタルトを教えています。アンセル・ウォルト博士はケント州立大学名誉教授。同大学で40年ゲシュタルトを教えています。日本ゲシュタルト療法学会(JAGT)の設立に尽力した方々で現顧問です。(2009/7、新宿)
  Gordon Wheeler Ph.D、Ansel Woldt Ph.D、百武正嗣氏
ゴードン・ウィーラー博士はエサレン研究所長。「Gestalt Reconsidered」などを著し、現代ゲシュタルト療法理論の発展に大きく寄与しました。Anselさんと一緒に、JAGTの国際顧問です。百武氏は、日本ゲシュタルト療法学会初代理事長。(2009/7、全国ゲシュタルト大会、新宿)
   
AAGTでの発表風景
Gordon Wheeler博士、Ansel Woldt博士等が参加して下さった岡田の分科会における発表では、接触境界の階層についてのレクチャーを実習を交えながら行いました。(2010/6、フィラデルフィア 
Sylvia F. Crocker Ph.D
シルビア・クロッカー博士は、哲学者からゲシュタルトセラピストになった方で、AAGTの理論開発理事を長年勤めました。2011年10月、大阪におけるJAGT学術大会に招聘しゲシュタルト療法における現象学などについてのわかりやすい講義が好評でした。(2011/10、大阪)
   
 2014年日本ゲシュタルト療法学会(JAGT)学術大会の大会長として
この年のJAGT学術大会は「境界と絆」をテーマに岡田が大会長を勤め、約130名の参加者に恵まれて開催されました。イギリスからマルコム・パーレット博士を招聘して京都で行われました。(2014/7、京都)
Malcolm Parlett Ph.D
マルコム・パーレット博士はオックスフォード在住で、英国にゲシュタルトセラピーを初めてもたらした人の一人です。また、場の理論はゲシュタルト療法の4つの基礎理論の1つでありながら専門的に語れる人がほとんどいませんが、パーレット博士はゲシュタルトの世界随一の専門家です。(2014/7、京都)
   
Lynne Jacobs Ph.D
リン・ジェイコブズ博士は、ゲシュタルトの4つの基礎理論の1つ、「我-汝の対話」を深く探求してきた人で、世界のゲシュタルト療法の潮流を大きく変えた関係対話アプローチの提唱者です。また、精神分析のトレーナーでもあります。世界中を飛び回ってゲシュタルトを教える忙しい方ですが、やっと2015年のJAGT学術大会に招聘することができました。(2015/7、東京)
 
 
わかりやすい入門書。(2012,ナカニシヤ出版)

DVD2枚組。ゲシュタルト療法の理論と夢のワークの実際を丁寧に解説。
(2011,チーム医療)

DVD+CD。ゲシュタルト療法理論とワークの実際(2013,チーム医療)





c 2016, Gestalt Institute Inc. All rights reserved.